スポンサードリンク

2014年01月30日

確定申告 用紙

確定申告についてわからないことが出てきたときは、税務署に電話で相談する、税務署に出向いて相談する、税理士が開く無料相談コーナーでアドバイスをもらう、インターネットで調べるなどの方法があります。近所で開催されているなら確定申告の時期に開かれる税理士の無料相談コーナーが一番よいかもしれませんね。確定申告では申告する所得や目的によって用紙が変わってくるそうです。申込書Aと申込書Bと分離課税用の3つがあり、サラリーマンやOL、公的年金や個人年金を受け取っている方は申込書A、個人事業主や不動産賃貸収入がある方は申込書B、不動産や株式を売ったり、退職所得があった方は分離課税用を使うそうです。確定申告書の提出方法は税務署に持参するか郵送するか、インターネットで国税庁のe-Taxを利用するかというどれかになるそうです。


posted by 確定申告 医療費控除 at 12:20| Comment(0) | 確定申告 用紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

2014 確定申告 郵送

確定申告の申告書には第一表と第二表がありますね。第二表は第一表の明細のような位置づけになっています。確定申告を始める前に自分の所得がどの種類に該当するかを調べる必要があるそうです。サラリーマンの方の給与は給与所得、年金収入の方は雑所得、配当をもらっている方は配当所得といったようにそれぞれ項目が異なるそうです。所得が赤字になった時にその赤字を他の所得から引くことができる場合があります。マイホームを売却して損をした場合なんかも赤字分を差し引くことができるそうです。
posted by 確定申告 医療費控除 at 15:30| Comment(0) | 住宅ローン控除 確定申告 2014 税務署 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

医療控除 確定申告 2014 交通費

住宅ローン控除を受けるためには、建物の床面積が登記簿上で50平方メートル以上、住宅ローンの返済期間が10年以上などの一定の条件をクリアしている必要があるそうです。チェックシートなどでチェックするといいかもしれません。マイホームを購入した後に転勤した場合、単身赴任をして家族がマイホームに住んでいれば住宅ローン控除を受けることが可能なようです。確定申告の医療費控除といっても健康診断や人間ドックの費用のように治療が目的でないものは対象にならないそうです。病院で受けるものなのでなんとなく対象に入っているイメージがありますよね。気を付けないとです。
posted by 確定申告 医療費控除 at 10:16| Comment(0) | 医療控除 確定申告 2014 交通費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。