スポンサードリンク

2014年01月23日

確定申告 2014 住宅

会社勤めをしている方がサイドビジネスを展開しているとき、得ている所得の合計が20万円を超えている場合は確定申告が必要になるようです。所得が赤字になった時にその赤字を他の所得から引くことができる場合があります。マイホームを売却して損をした場合なんかも赤字分を差し引くことができるそうです。医療費控除できる一つの目安は一年で使った医療費が10万円を超えたかどうかだそうです。自分と家族の医療費を合わせた額によっては控除が受けられるので申告するのがよいですね。


posted by 確定申告 医療費控除 at 18:31| Comment(1) | 確定申告 2014 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療費控除確定申告用紙

e-Taxを使って確定申告をすると一定条件のもとで電子証明書等特別控除として税額控除を受けられるそうです。配偶者の年収が103万円以下なら配偶者特別控除が可能になるそうです。最大で38万円の控除が受けられるので活用したいですね。確定申告の医療費控除といっても健康診断や人間ドックの費用のように治療が目的でないものは対象にならないそうです。病院で受けるものなのでなんとなく対象に入っているイメージがありますよね。気を付けないとです。
posted by 確定申告 医療費控除 at 17:50| Comment(0) | 医療費控除確定申告用紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン控除 確定申告 2014 税務署

税額控除は最も節税効果が高い控除といわれています。住宅ローンを組んでマイホームを新築・購入・増改築した方は住宅ローン控除を申請するのがよいみたいですね。確定申告を始める前に自分の所得がどの種類に該当するかを調べる必要があるそうです。サラリーマンの方の給与は給与所得、年金収入の方は雑所得、配当をもらっている方は配当所得といったようにそれぞれ項目が異なるそうです。確定申告の申告書には第一表と第二表がありますね。第二表は第一表の明細のような位置づけになっています。
posted by 確定申告 医療費控除 at 17:08| Comment(0) | 住宅ローン控除 確定申告 2014 税務署 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。